家事が楽になる!おススメ3技❢【洗濯編】

Sponsored Link

こんにちは!Yumiです。

すっかり暑さも和らいで、季節はいつの間にか秋になりましたね。

さわやかな秋の空気に包まれて、秋を満喫しているはずが…

台風の影響もあり、雨が本当によく降っています(;^_^A

梅雨のような空模様が続いているので、ぬけるようなさわやかな青空が恋しくなる今日このごろです(T_T)

そんなお天気事情なんて、まったく関係なく、お子さんがいるご家庭なら特に、毎日やらざるを得ないお仕事のひとつに【洗濯】がありますね。

お天気が味方になってくれないと、洗濯物も乾かず、溜まっていくばかりいで、ますますストレスを感じてしまいます((+_+))

そこで今回は、このストレスを少し緩和できる、洗濯に関する工夫を3つ書いていきますね♪♪

Sponsored Link

洗濯が楽になる、おススメ技3選

①バスタオルをやめる

私自身は、バスタオルはずっと必要なものだと思っていました。

それはきっと、子どものころからバスタオルを使うことが当たり前という中で、生活してきたからに他ならないと思います。

でも、自分で洗濯をするようになり、住んでいる家の洗濯物を干すスペースが狭かったため、大きくて場所を取るものの洗濯自体、苦痛を感じるようになりました。

バスタオルが家族の人数分あると、かさばるので、洗濯機を動かす回数も増えます(;^ω^)

そこで、思い切ってバスタオルからフェイスタオルに変えてみました。

すると、お風呂上りは特に困ることもなく、さらに洗濯という作業自体がとても楽になったと感じました!!

フェイスタオルは、バスタオルと比べて乾くまでの時間も圧倒的に短いので、毎日あらうことが苦でなくなり、お風呂上りはいつも、きれいなタオルをつかうことができます。

これは、本当におススメしますよ(^^♪

②マット類を減らす、またはやめる

キッチンやトイレ、お風呂で使っているマット類は、なにかと汚れやすいので、定期的に洗わなくてはいけませんね。

でも、このマット類のお洗濯って、ジミの手間のかかるお仕事だったりします(-_-;)

そこで私は、このマット類を思い切ってやめてみることにしましたよ。

今までマットがあったところが、床そのままになり、視界に入る光景が少し寂しい?かとも思いましたが…

マット類をやめたことで、マット類の洗濯という作業が減ったので、当然楽になりましたが、あわせてお掃除も楽になりましたよ♪

マット類はお洗濯のまえに、付着しているゴミを取り除いてから洗濯をしていたのですが、その作業もなくなりました(^▽^)/

また、床が汚れても、すぐ拭いてキレイにできるので、簡単です✨

③脱水時間を『短く&早めに干す』で、アイロン時間が減!

アイロンがけって、意外と手間だったりしませんか?

洗濯の時に、ちょっとひと手間をかけるだけで、アイロンの手間を省いて、さらに洋服の型崩れも防ぐことができます(^^♪

洗濯のときに、脱水にの時間をいつもより短めに設定をする、という方法です。

ある程度の水分を残しつつ脱水することで、洗濯のしわが残りにくく、またしわを取りやすくできますよ☆

標準コースでの脱水は、だいたい7~8分くらいで行います。しわのつきやすい綿や麻などの素材のものは、5分くらいで大丈夫です。衣類の絡まりを防ぐために、ネット等を使うと更にしわの防止になるんです。

そして、脱水が終わったらすぐに洗濯槽から取り出して干すことで、しわを防ぐと同時に雑菌の繁殖を防ぐこともできますね♪

干すときは、形を整えながら干すと、アイロンの出番もグッと減っていきますよ(^_^)v

まとめ

今回は、洗濯が楽になるおススメ3技、について書いてみました!

忙しい毎日、少しでもやること自体を減らせたら、その分私たちが楽になります( *´艸`)

洗うもの自体の数を減らす、ということも洗濯を楽にする技の一つですね。

少しずつでも、洗濯の効率があがれば、洗濯自体が楽しく感じるようになるかもしれませんね~☆☆

何か、少しでも参考になればうれしいです(^_-)-☆

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする