子どもの睡眠を守るべき理由

Sponsored Link

こんにちは!Yumiです。

今どきの小学生の子どもたちは、ほんとうに忙しい毎日を送っていると感じています。

朝起きて学校へ行き、学校から帰れば習い事や塾へ行き、帰宅するのは夜9時以降という遅い時間まで頑張っているお子さんも多いようです。

でも、そこは小学生☆ゲームをしたり友達と遊びたい、ですよね。

子どもたちは、塾や習い事に行くまでの20分とか、寝る前の時間とか、隙間時間を作って、ちゃんとやりたいこともやっちゃうんですよね(+o+)パワフルです!

でも、予定がいっぱいで、夜遅くまでかかってしまうと、当然のことながら就寝時間が遅くなってしまいますね。

もしかしたら、遅くまでゲームをやり続けてしまって、夜中まで…というお子さんも(;^_^A

でも、成長期の真っただ中にいる、子どもたちにとっては、睡眠時間って本当に大切なんです!

今日は、子どもの睡眠時間を守るべき理由を書いてみようと思います。

Sponsored Link

睡眠が子どもにとって大切な理由

①メラトニン、成長ホルモンが睡眠中に分泌される

「メラトニン」は、生体リズムの調整に欠かせないホルモンなんだそうです。また、入眠を促す役割も果たしてくれます。

また、子どもの成長に欠かせない「成長ホルモン」も睡眠中に分泌されます。この「成長ホルモン」は身長を伸ばす作用と、代謝をコントロールする作用があるんです!

また、身体や脳の疲労も取ってくれる、本当に素晴らしい働きをしてくれる「成長ホルモン」は子どもにとって、大事な大事な物質です(゚д゚)!

睡眠不足は、食欲を増進するホルモンが分泌されてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまって、太りやすくなる傾向もあるので、子どもの健やかな成長をジャマしまうことになりかねないんです…コワいことです(>_<)

②睡眠中に新しい知識が脳に定着する

脳の中では、眠っている間に、その日の出来事や、学んだ知識が繰り返されているそうです。

そして、要らない記憶を消したり、必要な情報を残したりして、頭の中の整理整頓をしています。

だから、睡眠時間が短いと脳内での必要な作業が、終わらずに朝を迎えてしまうことになってしまいます((+_+)) これでは、せっかく学んだことも、経験したことも脳に残りづらいですね。。。

その日に学校や塾で学習したことは、ぜひ脳内に残しておいてほしい…(-_-;)

③睡眠不足は集中力が下がる

寝不足だと、当然、学校へ行っても授業に集中はできなくなります。

【適切】な睡眠時間をとっている子どもは、学力が高い傾向にあるそうですよ☆

集中して授業を受けることができたら、成績もアップするはずです❢

ちなみに、睡眠時間は、長すぎても短すぎてもよくないそうです。参考に書きますと小学生(6歳~12歳)の理想の睡眠時間は、9時間~11時間とのことですよ。

睡眠不足は子どもに限らず、大人にとってもイライラを引き起こす原因にもなるので、子どもをよく怒ってしまうな、と感じたときは、大人もちゃんと睡眠時間が取れているか振り返るチャンスです(^^♪

まとめ

今日は、子どもの睡眠時間を守べき理由について、書いてみました。

眠っている間も、私たちは体力を使っているそうなので、朝ご飯も実は重要です!

が、睡眠不足だと食欲もわかないので、子どもたちも食べるに食べられないですよね。

学校がある日は、起きなければならない時間も決まっているので、『少しでも早く寝る』をまずは実践していけるといいかと思います。

十分な睡眠を手に入れて、学力も体力も向上したら、

親である私たちも嬉しいですね( *´艸`)

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする