中西麻耶(パラアスリート)の事故?結婚とカレンダー?加藤大治郎?

Sponsored Link

2020年東京パラリンピック・女子走り幅跳びの出場が内定した、中西麻耶選手が、

情熱大陸で紹介されます。

先日ドバイで行われた、パラ陸上・世界選手権2019で「5m37」の記録を出して、金メダルを獲得しましたね✨

本当にスゴイです!!

しかし、中西麻耶選手がパラリンピックに出場されるのは、初めてのことではありません。

実は、2012年のロンドンパラリンピックから、出場を重ねており、今回の東京パラリンピックは3度目の大会となるのだそうです。

また、パラリンピックだけではなく、数々の国際大会に出場しており、日本記録のみならずアジア記録の保持者でもあります。

ますますスゴイ(゚д゚)!

現在34歳のようですが、お姿をみると、とっても若くてキレイな方という印象ですね☆

中西麻耶選手は、右足が義足なのですが、生まれつきのものではないようです。

義足になった事故の経緯や、結婚されているのか?カレンダー加藤大治郎さんという方など、気になることがたくさんあるので、中西麻耶選手について、今日は調べてみたいと思います。

Sponsored Link

中西麻耶選手の事故とは?

中西麻耶選手は、大分県由布市のご出身だそうです。

小さいころから、習い事でスポーツをやっても、ピアノを習っても何でも器用にこなすような、とても優れた能力の持ち主だったようです。

しかし、簡単にできてしまうからか、飽きっぽいという面もあったそう。

そんな状況の中お母さんから、「中学校の3年間は何か一つのことを続けなさい」言われた中西選手は、ソフトテニスを始めたそうです。

このときに、ソフトテニスに目覚めて、市内のソフトテニスの強豪校への進学を目指すようになります。

受験では受け入れのないその学校に入りたい一心で中西選手は、監督に手紙を書き、電話をして、アポを取りました。

実力を試すための高校生との試合で見事に勝利して、この学校への進学を勝ち取ることができました。

しかし、入学後のツラかった環境や、周囲からの心ない声もあり、高校卒業と同時にソフトテニスもやめてしまいました。

それからの中西選手は、普通に就職して働く道を選んだのですが、テニスをしていたころの楽しい記憶ばかりが頭をよぎって、仕事には身が入らず職を転々とする日々を送っていたそうです。

20歳のころ、現状に危機感を覚えて一念発起し、ソフトテニスでの国体出場を目指すことを決めた中西選手は、鉄骨塗装業の仕事をしながらトレーニングを始めました。

しかし、2006年9月のソフトテニス国体の代表を決める大会の2日前に、事故にあってしまいます。

工場内での作業中に、重さ5トンの鉄骨が崩れて中西選手の右足を直撃してしまうのです。

接合か?切断か?中西選手は、切断を選びます。国体に出場するために…

…この決断力が凄すぎます…

しかし、目指していた大会には出場できず、リハビリに専念することにした中西選手は義足をつけて、競技を再開しようと試みたのですが、なかなか思うようには動けません。

そんな時に、人の勧めもあってトレーニングの一環として陸上を始めました。そして初めて障がい者の陸上大会に出場して、日本新記録を出しました✨✨

ここから、中西選手の陸上選手としての数々の記録へとつながっていくのですね❢

中西麻耶選手は結婚してる?カレンダーが話題?

中西麻耶選手は結婚しているのか??

現在34歳ということで、結婚されていても不思議ではないのですが、

実際は独身のようです。

なぜ、結婚していると思われていたのか?

それは、飼っている愛犬のラブラドルレトリバーのことを《むすめ》と呼んでいらっしゃるからのようですね(^^♪

むすめのように、愛情を注いで大事に大事にされていることが伝わってきます☆

そして、カレンダーが話題のようですが…

カレンダーの写真がとても過激であるということで、ネットでも話題になっているみたいです。

なぜ、過激なカレンダーを発売することになったのでしょう??

それは、2012年のロンドンパラリンピックへ出場するための費用を捻出するためだったようです。

…中西選手の、競技のために自分でできることを真剣に考え、行動に移していく強さに

心が震えてしまいます…(T T)

中西麻耶選手の尊敬する加藤大治郎さんって?

中西麻耶選手は、加藤大治郎さんという方を尊敬されているようだと、ネット上で話題になっていますね。

加藤大治郎さんは、オートバイロードレースのレーサーです。

16歳でデビューして以来、一貫してHondaのマシンでレースに参戦し、数々の賞を受けてモータースポーツ界の伝説的な方です☆

しかし、2003年にレース中の事故により、26歳の若さでこの世を去りました。

この、加藤大治郎さんが、レース中につけていたのが74番のゼッケンだったそうで、中西セ選手の義足にも『74』の数字があるそうです。

義足に刻まれた『74』を見るたびに、中西選手は自分の気持ちを奮い立たせ、目標に向かって加速されているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、パラアスリートの中西麻耶選手の事故のことや、結婚しているのか、カレンダーや加藤大治郎さんのことについて、まとめてみました。

事故にあうまでの葛藤と決意、事故にあってからの道の選び方、こんなにも信念をもって自分の人生と向き合っている中西選手を尊敬せずにはいられないですね。

結婚はされてはいなかったですが、今はオリンピックへ向けてトレーニングを積まれていると思います(^_^)

カレンダーは、何よりも中西選手の決意の証であると感じてしまいました。。。

加藤大治郎さんのことを尊敬していること、そのことをさりげなく、でもいつも目に入るところに記している、そんな中西選手のカッコよさ✨✨に惹かれました(^^

2020年の東京パラリンピックに向けて、ますます目が離せない中西麻耶さん☆

これからもずっと応援していきたいですね(^_-)-☆

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする