簡単!片付いた部屋をキープする習慣3選❢

Sponsored Link

こんにちは!Yumiです。

毎日買い物や、お子さんの送り迎え、お仕事場への往復などなど、外出されることがある方はたくさんいらっしゃると思います。もしかしたら通院されている方もいらっしゃるかもしれませんね。。。

用事を終え、無事に帰宅されて、お部屋に入ると思いますが…

そのお部屋は片付いていますか??

前の日から出しっぱなしにしていた物がずっと置かれた状態になってしまってたり、出がけに探し物をしていて、なかなか見つからず、いろいろなところををひっくり返したままで出かけてしまって、そのままになっていたり(;’∀’)

そんなとき、急に来客があったら、もうお手上げ状態になってしまうかもしれません…(/ω\)

毎回、とっても散らかっているお部屋を片付けるというのは、大変な作業ですし、エネルギーもたくさん消耗してしまいます。

なので、今日は、きれいな部屋をキープする簡単な習慣を3つ、書いてみようと思います。

片付いた部屋をキープする習慣3選

①床に物を置きっぱなしにしない

外出先から帰宅して、お部屋に入ると、みなさんはまず何をしますか??

かばんを床に置き、上着を脱ぎ、(ついでに靴下も脱いだり…)そこを離れて、手を洗ったりうがいをしたりしますよね(^^)

そして、戻ってきたら、イスに座ってホッとひと息。

そして、家族と顏を合わせたら、今日の出来事をついお話ししたくなりまして♪

すると、さっき置いておいた、かばんや上着の存在をすっかり忘れてそのまま…(;’∀’)

ってことが、私にもありました。置きっぱなしにしたかばんにつまずいたことなんて何回もあります…(*_*;

他にも、床にテレビのリモコンを置きっぱなしにしていたことをすっかり忘れて、踏んでしまい、壊れたり(T_T)

床に物を置きっぱなしにすることは、部屋を乱雑にしてしまうだけではなく、踏んで壊してしまったり、つまずいて転んでしまったりと、危険なこととも隣り合わせです(>_<)

なので、それまでいた場所から離れるときには、床に置きっぱなしのものがないか、確かめてから動くことを意識するといいですよ♪

部屋のキレイをキープするだけでなく、事故防止にもなるんです(^_^)v

②使い終わったら片付ける

こどもは遊んでいるときに、別のおもちゃが視界に入ると、そちらに気が向いて、遊び始めてしまいます。それまで使っていたおもちゃの存在委はすっかり忘れ、そのまま…

何回か繰り返して、気が付けば、部屋中おもちゃだらけに(;’∀’)

大人でも、似たようなことってありますよね☆

作業中に、読みかけの本が視界に入り、気になってしまって、ちょっとのつもりで読み始めたら、すっかり読み込んでしまって、気が付いたら作業が終わらないまま、一日を終えてしまった…というご経験はありませんか??

一つの物事に取り掛かるときは、まわりには何もないほうがその作業に集中できます。使い終わったものは、その都度片付ける、という動作がとても重要です☆

『片付ける』『元の場所に戻す』という習慣は、次の作業を始める環境作りにもなりますね。また、作業中に余計な情報が入らないので、集中して取り組むことができますよ。

片付けることを習慣にできたら、部屋のキレイをキープできるだけなく、作業効率も上がって、気持ちのスッキリもキープできます✨✨

③物の数を増やさない

一念発起して、不用品を捨て、収納場所を確保して、お部屋がスッキリ片付いていたら、その状態をずっとキープしておきたいですよね!

でもちょっとだけなら、と衝動的に買い物をして、軽い気持ちで物を増やしてしまうと、後が意外と大変です。

持っているものの定位置が決まっていれば、<新入り>の場所を改めて確保しなければなりません。

もしかすると、場所が決まらず、しばらくの間は出しっぱなしの状態になりかねませんね(^^;

必要があって、計画的に物を購入する場合を除いて、買い物をしないようにしたり、家の中の物をむやみに増やさないことが、キレイな部屋をキープすることにつながりますよ(^_^)v

譲ってもらえるものに関しても、使うかどうかをしっかりと見極めることが大切です!

まとめ

今回は、片付いた部屋をキープするコツについて書いてみました。

どれも、ちょっとしたコツなので、やることは簡単ですが、習慣化するためには、ちょっとだけ意識することも必要です(・ω・)ノ

まずは、3日間のチャレンジからスタートするのはいかがでしょう?

もし、4日目に忘れてしまっていても、置きっぱなし、出しっぱなしのものを見て、モヤモヤしてしまうかもしれません。

そのモヤモヤを解消するために、数分だけ片付けの作業をしたら、またスッキリ感を手に入れることができます!

そして、気が付けば、キレイなお部屋をキープし続けている素敵な自分になっていますよ(^_-)-☆

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする